かつてはフロッピーディスクに始まり、光ディスクや携帯型のハードディスクドライブ、そしてUSBメモリー類のフラッシュメモリーなど、デジタルデータを持ち歩く場合は何らかの記憶媒体

業務のWEB化に見る潮流

データの持ち運びを快適にするWEBストレージ

業務のWEB化に見る潮流 かつてはフロッピーディスクに始まり、光ディスクや携帯型のハードディスクドライブ、そしてUSBメモリー類のフラッシュメモリーなど、デジタルデータを持ち歩く場合は何らかの記憶媒体を携行することが一般的でした。それらの記憶媒体は現在でも有効に用いられることも多々ありますが、今ではWEBストレージが利用可能になっていますから、物理的な記憶媒体を携行しなくても大丈夫な場合が多くなっています。

WEBストレージには幾つもの種類がありますが、持ち運びたいデータをWEB上のストレージにアップロードすることで、何時でも何処からでもWEBを介して、そのデータがダウンロードできるようになっています。利用方法と致しましては、パスワードを掛けて完全に個人的に利用する方法や、家族や知人に限定して公開するなど数々の活用方法が可能になっています。また、WEBストレージを経由することでスマホからパソコン、あるいはゲーム機器など、WEBに接続できるデバイス間のデータ転送にも役立てられますから、便利な存在になっています。会員登録などをすることで一定の容量が無料で使えることが多いため、手軽に利用できることも嬉しいポイントです。

お勧め情報