パソコンで作成したファイルは、パソコンのハードディスクや、USBメモリーなどのフラッシュメモリーに保存することが一般的です。

業務のWEB化に見る潮流

ファイルの保存にも適したWEBサービス

業務のWEB化に見る潮流 パソコンで作成したファイルは、パソコンのハードディスクや、USBメモリーなどのフラッシュメモリーに保存することが一般的です。しかし、この場合では誤って消去してしまいますと、通常では取り戻せないため小まめなバックアップが重要になります。そこでおすすめできるのが、WEBのストレージサービスです。何れかの提供先で登録を致しますと、WEB上のストレージにファイルを保存できるようになります。無料でも数ギガバイト以上の容量が利用できることも多いため、文書ファイルなどであれば十分に対応可能です。

そして、このWEBサービスの中にはファイルを保管してくれるだけでなく、自動でバックアップを行っているサービスもあります。その機能を備えるストレージサービスを利用している場合では、仮に誤って消去や上書きをしてしまった場合でも、履歴などから手軽に復元できるようになっています。さかのぼれる範囲は限られますが、通常のようにデータ復旧などを行う必要がありませんから、魅力的なファイルの保存先になります。また、このWEBサービスは有料でストレージの容量を段階的に増やせますから、大きなファイルを扱う場合でも効果的に利用できます。