パソコンで取り扱うファイルは大容量化の道を辿っていますから、内蔵ハードディスクの空き容量が枯渇する場合も多々あります。

業務のWEB化に見る潮流

近年注目のWEBサービスはストレージ不足にも効果的

業務のWEB化に見る潮流 パソコンで取り扱うファイルは大容量化の道を辿っていますから、内蔵ハードディスクの空き容量が枯渇する場合も多々あります。さらにファイルの整理をしていない場合では、不要ファイルも混在するなど、一層ハードディスクの容量を圧迫していることがあります。その場合ではWEBサービスとして着目されている、オンラインのストレージサービスを利用することも解決策になります。無料で始められる場合が殆どですから、先ずは利用してみると良いでしょう。

中にはパソコンのネットワークドライブと認識させますと、あたかも外部ストレージとして扱えるオンラインストレージもあります。この場合ではより手軽にファイルの保存が行えますから、普段のパソコン作業にも効果的に取り入れることができます。海外の業者が提供するサービスも多いですが、言語設定を変えることで日本語に対応する場合もありますから、設定項目をチェックしてみることも得策です。

一方このストレージサービスは、パソコンやスマートフォンなどから利用できるほか、一部のゲーム機でも利用できるようになっています。ゲームのセーブデータをWEB上に保存することで、本体を買い替えた場合でも、重要なセーブデータを円滑に移すことができます。

お勧め情報